>

時代とともに変化していく様々な資格

無くなる可能性の高い資格

昔あった仕事が今では技術の進歩により無くなりつつあり、思い返すと「昔はあんな仕事やこんな仕事があったけど今はないなぁ」と感じている方もいらっしゃるかもしれません。
現代でも気が付いていないようで実はなくなっている仕事や資格もあります。
そこで時代の進化によって、無くなる可能性の高いものがあります。
あくまで将来的な話ですが、簡単に言うと事務系やデータ分析で行う仕事、コンピューターでできる仕事はほとんど無くなると言われています。
会計士、簿記検定の資格もAIで代用可能となってしまうのです。
若年層の方々はこうして先を見据えて資格を取得すると、長く勤めることもキャリアアップにも繋がります。
遠い話のようで、AIという存在はもう近くまできているのです。

今後に備えて…

AIの導入によって無くなる可能性の高い資格を紹介しましたが、その反面無くなる可能性の低い資格もあります。
それは、福祉(ソーシャルワーカーなど)、医療(医師免許、看護師など)、法律(弁護士など)、トレーナー、デザイナーなど、その他にも人と人との心を繋ぐ資格は残るようです。
ただ時代とともに変化しますがいきなり全てのものが変わるわけではありません。
残る可能性の高いものの中には、国家資格や難易度の高い資格も多く含まれていますが、スキルアップやキャリアアップといった点を踏まえ、努力して資格を取るときっとその仕事も長く充実したものになるでしょう。
そして、年齢が若い年代の方々には特に慎重になって自分に合った資格を選択してください。


この記事をシェアする